JAL ボーイング 787-9

目の前に突然!飛行機。。という写真


 うおー!!飛行機だぁ!! 

自動車を運転中、突然目の前の視界をドアップで飛行機が横切ったら「うおー!!飛行機だぁ!!」っと思いますよね。この写真に写っている自動車の方は若葉マークの方でしたし。。
飛行場近くで車を運転していたら、一機にテンションがあがる瞬間ではないでしょうか。くれぐれも安全にはお気をつけて。成田空港のRWY16L(Runway 16[one six] Left)付近の某所にて撮影しました。
成田の飛行機撮影ポイントを見る

JAL ボーイング 787-9

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II ・F11・1/1000秒・ISO500

成田空港のB滑走路、RWY16L(Runway 16[one six] Left)へファイナルアプローチするJALのボーイング787-9を十余三東雲の丘近くのローソン駐車場付近の歩道から撮影しました。十余三東雲の丘あたりからトンネルをくぐった反対側です。写真の右方向に森があり、飛行機が森の中から突然出てくる感じで結構撮影が難しかったショットです。

こちら側からの場合、午前中が順光です。成田空港の短い方の滑走である、B滑走路での撮影ですのでボーイング737やエアバスA320のような小型機の着陸が多いのですが(バニラエアやジェットスターとかLCC系ですね)、私の撮影意図としては、そこそこ低空で迫力ある感じを出して、自動車の目の前に「ドーン」みたいな雰囲気を出したかったので、願わくはボーイング777(トリプルセブン)やエアバスA330、最低でもボーイング787やボーイング767あたりの中型機がやって来るのを狙い、ひたすら待って歩道上で粘って撮った一枚です。照明塔のポールや道路標識など、邪魔者が多くありました。
自動車の目の前に突然「ドーンっと飛行機!!」の雰囲気が出ているだろうか。。

 成田は良いっすよ 

このポイントをさらに北上すると、高速道路や田畑を絡めた飛行機の写真が撮れるポイントがあります。伊丹空港(大阪国際空港)もそうですが、陸上に作られた空港である成田空港は撮影ポイントが非常に豊富にあります。海上に作られた空港である羽田空港や中部国際空港(セントレア)のように海を絡めた写真が撮れる空港も非常に魅力的だと思いますが、国際色豊かな色々な飛行機がたくさん見れる成田空港は個人的に一番好きですね。やっぱり。。
伊丹空港付近でも伊丹スカイパークのあたりでこの写真と同じような撮影にチャレンジできますが、確率的には成田の方が良い写真が撮れる気がします。だから、どっちが良いとかそういう話ではありませんが。。伊丹が飛行機撮影の聖地、というのは普遍的な事実だと思います。

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

成田の飛行機撮影ポイントを見る

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください