成田にて~自然と調和するエアバスA350


 チャイナエアラインのエアバスA350 

こんにちは!とちのすけです。本日の飛行機ショットは、成田のRWY16LへファイナルアプローチするチャイナエアラインのエアバスA350-941。野球場ポイントで捉えたホワイトボディ、前面に口髭みたいにブルー系のラインが入ったところが特徴、チャイナエアラインの機材をバシッと捉えたショットです!

チャイナエアラインのエアバスA350@野球場ポイント

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO400

 成田っぽい風景とエアバスA350 

タイトルの「自然と調和。。」みたいな成田っぽい風景をバックにチャイナエアラインのエアバスA350。誘導灯も絡め青空バックに最高の天候で捉えたA350は、これ以上無い感じのショットですね。。口が「へ」の字になっているように見える、チャイナエアラインの機材の顔。。

チャイナエアラインのエアバスA350@野球場ポイント

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF24-105mm F4L IS II USM・F11・1/1000秒・ISO400

自然と調和する感じに見えているだろうか、チャイナエアラインのエアバスA350。「新東京国際空港」と言いながらも、成田って千葉県民の私が言うのもナンですが、そうとうな田舎です。そして、田園風景みたいなヤツをバックに国際色豊かな色々な飛行機を撮れるのが、成田最大の魅力です!

チャイナエアラインのエアバスA350@野球場ポイント

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF24-105mm F4L IS II USM・F11・1/1000秒・ISO400

 成田の昼過ぎのMUSTショット 

成田の昼過ぎ、定刻で13時15分着のチャイナエアラインCI100便にアサインされたエアバスA350。午後一番にいつもどおり成田のB滑走路に降り立つその姿は、エバーのBR198便にアサインされるエアバスA330とともに、MUSTで狙いにいくショットです。

チャイナエアラインのエアバスA350@野球場ポイント

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF24-105mm F4L IS II USM・F11・1/1000秒・ISO500

東関東自動車道上空を通過するチャイナエアラインのエアバスA350。若干黒い雲が多めですが、空色の具合、機体への光の当たりかげんなど最高の状態ですね。よく見ると、誘導灯に飛行機の影が。。

チャイナエアラインのエアバスA350@野球場ポイント

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF24-105mm F4L IS II USM・F11・1/1000秒・ISO500

最後の写真。東関東自動車道上空を通過し、成田のRWY16Lへランディング直前、チャイナエアラインのエアバスA350。写真バランス的に東関東自動車道の交通量も適度な感じですね。少なすぎると寂しいし。。

チャイナエアラインのエアバスA350@野球場ポイント

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF24-105mm F4L IS II USM・F11・1/1000秒・ISO500

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・野球場ポイント

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください