夕陽に輝く東京ゲートブリッジと飛行機


 若洲海浜公園で黄金色に輝くゲートブリッジと飛行機 

夕陽で黄金色に輝く東京ゲートブリッジと上空を通過する飛行機。飛行機はANAのボーイング787、羽田空港のRWY22へのファイナルアプローチコースを飛行しています。時は2018年の1月上旬。この日の羽田空港は冬らしく朝から北風運用でしたが、昼過ぎから南風運用に変更(ランウェイチェンジ)、若洲海浜公園にて東京ゲートブリッジと飛行機の絡みをシャッターに納めてきました。

夕陽に輝く東京ゲートブリッジと飛行機(ANAのボーイング787)

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II ・F11・1/1000秒・ISO400

1枚目の写真とは少し違う場所からのショット。夕陽の当たり方がちょっと違います。飛行機はスカイマークのボーイング737です。夕陽と東京ゲートブリッジのショットは橋の逆側から富士山を背景に入れて撮るのが定番だと思いますが、私個人的にはコッチから撮った黄金色に輝く東京ゲートブリッジの方が好きです。

夕陽に輝く東京ゲートブリッジと飛行機(スカイマークのボーイング737)

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II ・F11・1/1000秒・ISO640

標準ズームレンズで引きで撮ったショット。飛行機はスターフライヤーのエアバスA320。これも少し場所を変えて撮っています。橋桁下の釣り場入口付近から撮りました。釣り場には大勢の釣り客の方々がいました。

夕陽に輝く東京ゲートブリッジと飛行機(スターフライヤーのエアバスA320)

CANON EOS 5D MarkⅣ・EF24-70mm F4 L IS USM・F11・1/1000秒・ISO640

 橋の逆側から~ゲートブリッジと飛行機 

3枚目までの写真とは逆側から、定番の富士山を入れて撮れる場所からは少し橋寄りのポイントから撮影したショット。この日は富士山は見えていませんでした。富士山が見えていると、ちょうど手前から2本目の橋桁あたりに隠れてしまうと思いますが、東京ゲートブリッジと飛行機の位置関係を重視すると、このあたりで撮った方が良いと思います。

夕陽に輝く東京ゲートブリッジと飛行機

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II ・F11・1/1000秒・ISO800

飛行機によって旋回する場所がだいぶ異なります。この日の撮影では一番良い位置を飛行機が飛んでくれたショット。

夕陽に輝く東京ゲートブリッジと飛行機

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II ・F9・1/800秒・ISO1000

最後の写真は、再び標準ズームレンズで引きのショット。美しい夕陽と東京ゲートブリッジ、そして羽田空港のRWY22へファイナルアプローチする飛行機のコラボ写真でした。

夕陽に輝く東京ゲートブリッジと飛行機

CANON EOS 5D MarkⅣ・EF24-70mm F4 L IS USM・F10・1/800秒・ISO640

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・若洲海浜公園

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください